糖度2倍の冷凍焼き芋「なす伝びっくり焼き芋」の新規事業計画を発表

なす伝では新規事業計画として、糖度2倍の冷凍焼き芋「なす伝びっくり焼き芋」を発表しました。
100%自社農場産の原料を使用したいため、実際の発売は2018年の10月を予定しています。
他種のさつまいもよりはるかに甘い「べにはるか」を使用する予定です。

なす伝の冷凍焼き芋「なす伝びっくり焼き芋」は次のようなことが特徴です。
○なす伝さつまいも農場で育てた厳選されたさつまいもを使用しています。
○芋を50日間以上にわたって冷暗所で貯蔵することで、甘く熟成を促がしています。
○1時間以上かけてじっくり焼き上げた焼き芋を急速冷凍し、美味さを封じ込めてお届けします。

なお貯蔵は、なす伝のさつまいも農場がある岸和田市に隣接した貝塚市の山中に自然豊かな倉庫を確保済みです。この自然倉庫では現在、熟成・糖化に最適な一定温度でさつまいもが保管できるよう実証試験を繰り返しております。

秋から冬にかけては電子レンジやオーブンでホカホカのあったか焼き芋にして、また春から夏にかけては自然解凍でひんやり冷たいスィートポテトシャーベットでも食べることができます。

なお価格は内容量500g入りのものが5袋入りで2,600円を予定しています。賞味期限は冷凍で約1年6ヶ月です。